123456789
広島
0100000304803
ソフトバンク
1000102004920
勝利投手:-
敗戦投手:-

本塁打
【広島】安部 友裕(2号・2回表ソロ),鈴木 誠也(3号・8回表ソロ),坂倉 将吾(1号・8回表2ラン)

チケットぴあ ソフトバンク戦チケット予約 広島戦チケット予約
◆ソフトバンクは、開幕ローテーション入りを目指す松本がオープン戦初登板。3回3安打1失点と好投を披露した。一方の広島は、8回に坂倉が同点2ランを放つ活躍。開幕一軍に向けて、バットで首脳陣にアピールした。

◆ソフトバンクのデニス・サファテ投手が、9球で1回を3者凡退に抑えた。3番手で7回に登板。三好、長野を内野ゴロに打ち取ると、小園は122キロのカーブで空振り三振に切った。 「変化球もよかったし、満足しているよ」。直球はまだ140キロ台前半だが、気にする様子はない。「1つ1つの登板を大事にしていきたい。投げるたびに感覚は戻ってきている」と話した。

◆ソフトバンクの先発ローテ「6枠目」を目指す松本裕樹投手と二保旭投手のサバイバル戦は、「延長戦」に突入した。 先発した松本は広島安部に1発を許したものの、3回3安打1失点投球。直球は自己最速となる152キロをマークするなど、力強さも見せた。松本は投球自体には納得しなかったが「変化球は悪くなかった。1失点は次につながると思う」と話した。 2番手で登板した二保は3回1安打無失点。低めへの変化球を駆使し、9アウト中6つがゴロで打ち取るなど巧みな投球を見せた。「四球を出さなかったのが収穫。(松本とは)お互いに切磋琢磨(せっさたくま)して頑張れたらいい」と納得の表情だった。 工藤監督は「松本はボールが暴れていたけど、微調整の範囲。二保はよかったね。2人とも順調に来ていると思う」と話した。開幕延期でローテーション確定には時間がある。サバイバル戦はまだまだ続きそうだ。

◆1軍復帰したばかりの上林誠知外野手が、2戦連続安打をマークした。7番右翼でスタメン出場し、3打数2安打。 通算7打数5安打に「打てると思った球にはスイングを入れている。結果は普通です」と冷静に振り返った。同点で迎えた9回は盗塁もマーク。「今は打順はどこでもいいが、先々は柳田さんの前で走りたい」と1、2番での起用に向け、さらに調子を上げていく。

◆広島新助っ人のDJ・ジョンソン投手(30=ロッキーズ)が1回を無安打無失点に封じた。 同点の8回に4番手で登板。最速154キロの直球を軸に柳町、中村晃を連続の見逃し三振など、役割を全うした。4試合ぶりの無失点に「調子は上がってきている」と手応え。均衡した展開での登板をこなし「自分の中でも燃え上がるし、アドレナリンも出る。信頼されるようになって、終盤の中継ぎで投げたい」と力を込めた。

◆広島鈴木誠也外野手が調子を上げてきた。3点を追う8回1死。松山の代打で出場し、岩崎の1ボールからの2球目、甘く入った148キロ直球を左中間テラスへ放り込んだ。ここ5試合で3発目。 「集中力を持って打席に立てたのがいい結果につながったと思います」。控えメンバーの出場機会を増やすため出番は1打席のみだったが、主砲の代打弾をきっかけにこの回3点を奪って引き分けに持ち込んだ。 オープン戦7戦目の7日西武戦で1号を放ち、翌8日の西武戦で松坂から2戦連発の2号。3月序盤は苦戦したが、復調しての量産ムードに「そこは気にしてないです。それよりもケガしないように集中してやっていきたい」と引き締めた。無観客試合が続き、モチベーションを保つのが困難とされる中で集中力を失わない。「シーズンに入ったら雰囲気も変わると思う。今は普通にやっていればいい」と冷静。開幕延期にも「仕方ないこと。日程が決まったら決まったところに合わせていくだけです」。東京五輪の侍4番候補は、1スイングに全力を尽くしていく。【古財稜明】

◆広島坂倉将吾捕手が値千金の同点2ランを放った。「6番捕手」で先発し、2点を追う8回1死一塁から岩崎の147キロ直球を完璧にとらえ、右中間スタンドへ。 16打席ぶりの安打が1発となり「ここ最近迷いながらやっていた。今日は割り切って打席に入ることができた。明日以降の打席につながっていければ」と前を向いた。

◆広島床田寛樹投手(25)がソフトバンクとのオープン戦(ペイペイドーム)に先発し、5回6安打2失点で復調のきっかけをつかんだ。 春季キャンプから課題としていた真っすぐが走り、最速は148キロ。テンポのいい投球でオープン戦最長イニングを投げ切った。調整が遅れていた左腕にとって開幕延期はプラス材料。再出発のマウンドで大きな手応えを得た。スピードが戻った。先発床田の直球は、立ち上がりから147キロを連発。オープン戦最長となった5回はこの日最速の148キロを計測した。この日の結果次第では「(1軍同行も)終わっていましたね」と覚悟したマウンドで、復調の兆しをつかんだ。 「今まで投げたオープン戦では一番良かった。しっかり腕を振って投げ切れたと思う」 笑顔も戻った。春季キャンプから理想の投球とのギャップを埋めきれずに悩んだ。考え込んで悪循環にはまり、投球も気持ちも上がらなかった。前回7日の教育リーグ・オリックス戦では4回8安打7失点。先輩大瀬良からポジティブ思考の勧めを受けた。「ダメな球があっても次、次とプラスに考えてやっていた」。1回に3連打で1点を失ったが、引きずらない。その後の松田宣を三ゴロ併殺に仕留めて切り抜けた。 開幕延期も気持ちを楽にした。思考の変化が球質の変化につながった。12日の練習でキャッチボール相手を務めた大瀬良は「球に切れがあった。球質は良くなっている。何かきっかけがあれば変わると思う」と感じていた。 5回で69球を投げ、6安打無四球2失点。「ツーシームとスライダーがあまり良くなかった。スライダーでストライクをとれればもっと楽になる。(球速も)もう1つ上げたかった」。課題のレベルが上がったことが停滞感打破を意味する。「自分もすごく不安だったが、これを機に1歩ずつ上に上がって行ければ」。昨季7勝を挙げ、今季は先発の柱と期待される左腕が、本来の姿を取り戻しつつある。正しい軌道に乗り、シーズン開幕に向かう。【前原淳】 ▽広島佐々岡監督 ブルペンからスピード、強さが今までよりはいいという報告はあった。今まで苦しんでいる分、次に期待する。これを続けてほしい。 ▽広島沢崎投手コーチ いい真っすぐを投げていた。腕の振りなど吹っ切れたような感じがあった。

◆ソフトバンクのドラフト1位、佐藤直樹外野手(21=JR西日本)が、万能ぶりを発揮し、開幕1軍へ猛アピールした。 広島戦に「8番中堅」でフル出場し、3打数2安打1打点。5回は二塁への「神スライディング」で盗塁をマークし、同点の9回無死二塁で冷静に犠打も決めた。走塁を重んじる今年のチームカラーに応えるように、オープン戦4盗塁は牧原と並んでチームトップ。 打率も4割に乗せ「打ってよし、守ってよし、走ってよし、送ってよし」の総合力を披露した。神懸かりの走塁だった。左前打で出塁した5回に無死一、三塁で二盗。「ちょっとスタートが遅かったが、送球が少し右にそれたのが分かったので、なんとかタッチをかいくぐろうと」。佐藤はとっさの判断で、左半身を縮めるようにスライディング。報徳学園の後輩、広島小園のタッチをかいくぐった。1度はアウトの判定も「タッチされてない自信があった」とリクエストでセーフ。首脳陣に身体能力の高さを見せつけた。 7回の3打席目は外角球をおっつけ、右越えの適時二塁打。3戦連続安打でオープン戦通算15打数6安打4打点。「初球から振りにいけてるのがいい結果になっている」。2月22日、古巣・JR西日本との2軍練習試合は「1番中堅」で先発も、3打数無安打2三振。「自分に自信なさすぎたので、もっと自分ができることをやろうと思った」。開き直ってオープン戦の好結果につなげた。 試合後は15日広島戦(マツダスタジアム)に向け、博多駅から新幹線のぞみ号でJR西日本駅員時代の職場だった広島駅へ。「両親もJR西日本の社員の人も(球場に)来てくれるはずでした。無観客になったので残念ですが、開幕1軍に残るために頑張ります」。大きな目標へ「第2の故郷」で望みをつなぐ。【浦田由紀夫】

◆上林が2安打。発熱の影響で13日からオープン戦に復帰したばかりだが、「打てると思った球は全部振っている」と積極的な姿勢が奏功した。機動力も示し、五回は一ゴロの間に素早いヘッドスライディングで三塁から生還。先頭で四球を選んだ九回は次打者の1球目で二盗を決めた。レギュラー定着へ走攻守での活躍が求められ「それができるのが自分」と強気に話した。 一回に先制打を放ったソフトバンク・バレンティン 「4番として常に意識を高く持っている」 3回1安打無失点で初の開幕ローテーション入りへアピールしたソフトバンク・二保 「四球を出さなかったのが一番の収穫。ツーシームの失投は一球もなかった」

◆広島・鈴木誠也外野手(25)が14日、ソフトバンク戦で八回に代打で出場し、左中間テラス席へオープン戦3号ソロを放った。オープン戦打率4割と好調のホセ・ピレラ外野手(30)=前フィリーズ=が試合前の練習中にコンディション不良を訴えて離脱。チームを覆った嫌なムードを頼れる4番が一蹴した。  無観客のドーム内に響き渡る快音を残した打球が、左中間のテラス席奥に着弾した。1-4の八回1死走者なし。代打で登場した鈴木誠が岩崎の2球目148キロの直球を振り抜き、オープン戦3号ソロを放った。  「本塁打のことはどうでもいい。集中して打席に入ることができたことが良かった」  試合前、チームに衝撃が走った。前日13日に3安打を放つなどオープン戦打率・400と好調のピレラが打撃練習中にコンディション不良を訴えて福岡を離れ、広島県内の病院に向かった。戦力としてのめどが立ってきた新助っ人が離脱する中、4番が一振りで不安をかき消した。  鈴木誠はオープン戦打率こそまだ・231(26打数6安打)だが、7日の西武戦(マツダ)で松本から1号を放つなど最近5試合で3本塁打。開幕の日程は依然不透明なままだが「開幕が延期になるのは仕方ない。決まったところに合わせてやるだけ」と頼もしい。  今回の福岡遠征ではゴーグル型の眼鏡を使っている。キャンプ、オープン戦前半は黒レンズのスポーツタイプのサングラスを愛用していたが、レンズも透明なものに一新。本人は「どうでもいいでしょ」とかわしたが、視力は打撃にも直結する大事な要素。開幕までの時間を利用して最善を尽くす。  ピレラについて、佐々岡監督は「状況がわからない。心配している」と不安そうな表情を浮かべるが、鈴木誠が状態を上げてきたのは頼もしい限り。昨季首位打者と最高出塁率のタイトルに輝いた主砲が、ギアを上げてきた。 (柏村翔)

DAZN

<オープン戦順位表推移>

順位チーム名 勝数負数引分勝率首位差残試合 得点失点本塁打盗塁打率防御率
1
(1↑)
西武
521 0.714
(↑0.047)
-
(↓1)
34
(+1)
22
(-)
5
(-)
10
(-)
0.289
(↓0.011)
2.830
(↑0.42)
2
(1↓)
ソフトバンク
731 0.700
(-)
-0.5
(↓0.5)
63
(+4)
34
(+4)
10
(-)
15
(+4)
0.267
(-)
2.760
(↓0.13)
3
(1↓)
楽天
841 0.667
(-)
-0.5
(↓0.5)
57
(+3)
39
(+3)
9
(-)
13
(+1)
0.254
(↓0.005)
2.530
(↓0.04)
3
(2↑)
阪神
632 0.667
(↑0.042)
0
(↓1)
43
(+10)
52
(+4)
13
(+2)
11
(+3)
0.261
(↑0.015)
4.550
(↑0.05)
5
(1↓)
DeNA
750 0.583
(↓0.053)
0.5
(-)
49
(+7)
43
(+8)
12
(+1)
3
(-)
0.259
(↑0.008)
2.950
(↓0.39)
6
(-)
広島
542 0.556
(-)
1
(↑0.5)
59
(+4)
57
(+4)
10
(+3)
4
(-)
0.287
(↓0.007)
4.590
(↑0.07)
7
(-)
日本ハム
652 0.545
(↑0.045)
1
(↑1)
55
(+8)
49
(+7)
5
(-)
6
(-)
0.259
(↓0.004)
3.340
(↓0.23)
8
(2↑)
中日
570 0.417
(↑0.053)
2.5
(↑1)
30
(+3)
53
(+2)
4
(-)
6
(-)
0.234
(↑0.01)
4.110
(↑0.2)
9
(1↓)
ヤクルト
471 0.364
(↓0.036)
3
(-)
37
(-)
50
(+1)
3
(-)
13
(+1)
0.220
(-)
3.720
(↑0.22)
10
(2↓)
ロッテ
242 0.333
(↓0.067)
2.5
(-)
29
(+2)
31
(+3)
9
(+2)
9
(-)
0.227
(↑0.003)
3.760
(↑0.06)
11
(-)
ORIX
372 0.300
(↓0.033)
3.5
(-)
44
(+4)
57
(+10)
9
(+2)
4
(-)
0.259
(↓0.003)
4.420
(↓0.52)
12
(-)
巨人
294 0.182
(-)
5
(↑0.5)
52
(+3)
65
(+3)
16
(+2)
3
(-)
0.232
(↓0.007)
4.190
(↑0.09)