123456789
西武
0
ソフトバンク
0
勝利投手:-
敗戦投手:-
チケットぴあ ソフトバンク戦チケット予約 西武戦チケット予約
◆ソフトバンクは1日、長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性と判定されたと発表した。プロ野球で選手の感染が判明するのは、6月19日にシーズンが開幕して以降では初めて。長谷川は現在2軍調整中だが、ファーム施設を利用する選手、スタッフらを経由しての感染の可能性を否定できないとして、1軍の2日の西武戦(ペイペイドーム)を中止すると発表した。  観客の入場を制限するなどしながら、6月19日に開幕したプロ野球。日本中で新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、懸念されていたことが起きてしまった。  デーゲームに快勝したソフトバンクが午後10時過ぎに、オンラインで記者会見。2013年首位打者&最多安打の長谷川が、新型コロナウイルスに感染したことと、2日の西武戦を中止することを発表した。  球団によると長谷川は7月31日の就寝時、喉頭に若干の違和感と37・3度の微熱があった。1日午前7時に起床。喉頭の違和感は消えたが37・2度と微熱は続き、病院でPCR検査を受けたところ、午後3時頃に陽性判定が出た。現時点で発熱などの症状はなく、保健所の指示を受けて自宅待機している。  長谷川は7月7日に右脇腹筋挫傷で登録抹消され、ファームで調整中。7月30日のウエスタン・リーグ、阪神戦(タマホーム筑後)に出場していた。翌31日も午前8時から午後2時まで練習参加。発症前48時間は福岡・筑後市のファーム施設と自宅を自家用車で往復したのみで、外出や会食などへの参加もなかったという。三笠杉彦ゼネラルマネジャーは感染経路について「今のところは分からない」とした。  1軍の選手、スタッフとの接触はなかったが、ファーム施設を使う選手、スタッフを経由しての感染の可能性を否定できないとして、球団はきょう2日の1軍戦中止を決めた。ファーム施設は終日閉鎖し、消毒を行う。  ソフトバンクは孫正義オーナーの意向もあり、5月下旬に新型コロナウイルスの抗体検査をチーム独自で実施するなど感染防止に主体的に取り組んでいた。7月22、23日に行ったPCR検査でも選手、スタッフ全員の計202人が陰性だった。  長谷川の感染を受け、球団は2日以降に再検査を行う。結果が出るまでファームの活動は中止。キューバから再来日し、自宅隔離が続いていたデスパイネとグラシアルは4日からファームの練習に合流する予定だった。1軍の3日以降の予定も、検査の結果を待って判断される。  ソフトバンクでは7月に球団従業員と、ペイペイドームの場内案内をするアルバイト従業員の2人が陽性と判定されていた。球界ではオリックスがこの日、20代の男性球団社員が陽性判定を受けたことを発表していた。  選手の感染が判明するのは6月上旬に巨人・坂本と大城が陽性となって以来。今後も開催への影響が心配される。戦う選手も応援するファンも、試合中は忘れていられたコロナの脅威が、やはり近くにあることを思い知らされる夜となった。

◆プロ野球ソフトバンクは2日、西武戦が中止された福岡市の本拠地ペイペイドームで選手らがPCR検査を受検した。長谷川勇也外野手(35)の新型コロナウイルス感染が1日に判明したことを受けたもの。チームは4日から敵地で楽天と6連戦の予定で、球団は検査結果を待って今後の活動を判断するとしている。  工藤公康監督は「ウイルスの怖さを改めて感じる。イレギュラーなことが出てくるかもしれないが、これまで以上に感染防止に努めて、最善の準備をして試合に臨むという姿勢は変わらない」。中村晃選手会長は「誰が悪いということはないが、ファンの皆さんには申し訳ない気持ち」と、ともに球団を通じてコメントした。  2軍で調整中だった長谷川外野手は1日に37度2分の微熱があり、病院のPCR検査で陽性反応が出た。これを受け、ファームも含めチーム活動を休止。球団はペイペイドームと福岡県筑後市のファーム施設の2カ所で、選手、監督、コーチ、スタッフの検査を実施。長谷川外野手が活動していたファーム施設では消毒作業も行った。

◆プロ野球の西武は2日、ソフトバンクの長谷川勇也外野手の新型コロナウイルス感染が判明した影響で試合が中止となり、福岡市のペイペイドームで練習を行った。辻発彦監督は「選手に(感染者が)出たわけだから、今まで以上に注意して自分で自分の身を守らないといけない。どこに危険があるか分からないからやっぱり怖い」と危機感を強めた。  球団によると、ここ数日の間に長谷川と接点があった人はおらず、PCR検査を受ける予定はないという。辻監督は「少しずつファンが入ってプロ野球ができるようになっている。中止にならないようにしないといけない責任がある」と球界に感染が広がらないことを願った。

DAZN

<パ・リーグ順位表推移>

順位チーム名 勝数負数引分勝率首位差残試合 得点失点本塁打盗塁打率防御率
1
(-)
ソフトバンク
22151 0.595
(-)
-
(-)
82171
(-)
141
(-)
42
(-)
21
(-)
0.249
(-)
3.590
(-)
2
(-)
楽天
20171 0.541
(↓0.015)
2
(↓0.5)
82216
(+6)
165
(+7)
44
(+2)
27
(+1)
0.273
(↓0.002)
4.160
(↓0.09)
3
(-)
ロッテ
19190 0.500
(↑0.014)
3.5
(↑0.5)
82152
(+7)
179
(+6)
32
(+2)
33
(+1)
0.238
(↑0.002)
4.620
(↓0.01)
4
(-)
西武
17181 0.486
(-)
4
(-)
84154
(-)
168
(-)
34
(-)
20
(-)
0.239
(-)
4.470
(-)
5
(-)
日本ハム
17192 0.472
(-)
4.5
(-)
82146
(-)
164
(-)
33
(-)
21
(-)
0.229
(-)
3.920
(-)
6
(-)
ORIX
14213 0.400
(-)
7
(-)
82145
(-)
167
(-)
31
(-)
34
(-)
0.243
(-)
4.110
(-)